LEDにはよい点が一杯あります!導入するメリット

LEDにすると電気代がお得

大抵の場合、既存の電球、電飾から、LEDに変えますと消費電力が少なくなります。つまりは、電気代が安くなるわけです。LED電球と言うのは、他の電球と比べて圧倒的に消費電力が少なくて済むので、電気代に物凄く影響があります。個宅の僅かな部分でも取り替える価値があるのは、この部分になります。最大のメリットであるといえます。大きな工場やオフィスなどでは物凄い差になることもありますから、導入する価値があります。

長く使うことができるのです

LEDの特徴として、寿命が長いことが挙がります。具体的にどの程度長いのか、といいますと白熱電球の寿命は大凡2000時間弱であり、電球型蛍光灯ですら、13000時間弱が限界であるのに、LED電球の寿命は40000時間を超えます。一度設置するとかなり長い時間、使うことができます。つまりは、取り替える手間が少なくなる、ということになります。長く使える、と言うことだけでも素晴らしい照明であるのは間違いないと言えます。

総合的に見てLEDがよい

LEDの照明は、従来の白熱電球と比べるとかなりの部分がよいです。寿命もそうですし、電気代もそうです。購入コストに関してはLEDの方が高いですが、元は取れる可能性が高いです。それに熱を白熱電球よりも発生させないので、熱による怪我もなくなります。それにガラス質でもないので、割れても問題ないです。こうしたことがありますから、これからはLEDが普及するといわれているわけです。総合的に見て、導入しないメリットがないです。

LEDライトパネルは、駅や地下街、飲食店や病院など様々な場所で活躍しています。主に掲示物のバックライトとして利用されており、薄型で長寿命、色のムラが出にくいなどのメリットがあります。