更年期障害の原因・症状・改善方法を知る!

そもそも更年期障害って何?

更年期障害という言葉は恐らく認知度が高く、馴染みのあるものだと思います。ただ、具体的にどのようなことが更年期障害なのかということを考えると少し話が難しくなってきます。更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れによる身体的・精神的不調のことです。女性の場合はエストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加が原因で、男性の場合はテストステロンの減少が主な原因です。基本的に女性は女性らしさ、男性は男性らしさを作り出すホルモンが減少することによって更年期障害が出ます。

更年期障害の症状は?

女性の更年期障害は、月経異常・めまい・ほてり・多汗・動悸・冷え・うつなどです。女性特有のものとしては月経異常が見られます。男性の更年期障害は、うつ・動悸・めまいなど女性と同じ症状もありますがED・性欲の衰え・筋肉量の減少など男性らしさを奪ってしまうものも多いです。女性は閉経という大きな変化を迎えるので体の変化も様々ですが、男性はそういった大きな変化がないので更年期障害の症状が出る人と出ない人の差が激しいのです。

更年期障害の症状改善

辛い更年期障害を乗り切るには、まず食生活の改善です。ホルモンバランスの乱れから動脈硬化や高血圧・糖尿病など様々な病気の危険性が出てくるので、生命継続の基本である食をしっかり見直すということです。バランスの良い食事を心がけ、ビタミンやミネラルも不足しないようにします。特に女性は亜鉛が不足すると女性ホルモンに影響して月経異常が起こるので積極的に摂取したいです。食だけでなく適度な運動や、ホルモン注射など医療に頼ることも選択肢の一つとなります。

日曜日に婦人科を受診したい場合、休日診療を行っているクリニックを探すことで、安心して診察が受けられます。